2015年9月2日

ビレッジ戦略:「感覚の発信基地」で、ライフスタイルを提案 <後編>

時代にあった住宅会社の営業方法を見出すために乗り出した、新たな集客のためのグリーン雑貨事業。それは、従来の提案型営業から更に飛躍し、センスの良さを空間で演出するグリーン雑貨事業。懐かしさを感じるのにどこか新しさが漂う雰囲気に、来店客は胸ときめかせる。事業の目的が社員全体に行き届き、店内の「ゆとりと心地よい空気感」が、来店客を新たなライフスタイルへと誘う。
グリーン雑貨店オープンからわずか4ヶ月でリフォーム受注に繋がった住宅会社の「感覚発信基地」と位置づけられたグリーン雑貨店とは。

前編では新たな集客方法である「ビレッジ戦略」への取り組みと集客装置である「グリーン雑貨店」の立ち上げまでのお話を伺いました。
⇒ ビレッジ戦略:「感覚の発信基地」で、ライフスタイルを提案 <前編>
今回、後編では「ビレッジ戦略」を体現させた「グリーン雑貨店」のオープンによって起こった社員・スタッフやお客様の変化、またわずか4カ月での受注に至る経緯と、これからビレッジ戦略を検討なさる経営者様へのアドバイスなどを伺いました。
hodohodo外観

  • グリーン雑貨店:店名 HODO HODO(ホドホド)
  • 開店:2015年3月グランドオープン
  • 所在地:島根県出雲市
  • スタッフ構成:店長、女性スタッフ2名
  • 企業名:株式会社 建装
  • 代表取締役:安食泰夫
  • 企画・開発・広報:安食祐昌
  • ショップマネージャー:岡田由衣

――グリーン雑貨店のオープンから現在まででにショップマネージャーとしてご自身には、
どのような変化がありましたか?

岡田さん

ショップマネージャー 岡田由衣

岡田さん:全く異業種からの経験でしたが、もともと雑貨は好きなので、毎日好きなものに囲まれて生活している感じが好きです。
地域のお客様との接点も拡がり、とてもやりがいあって幸せですね。

次のページへ⇒

1 2 3 4