注文住宅事業注目記事

2015年9月2日

ビレッジ戦略:「感覚の発信基地」で、ライフスタイルを提案 <前編>

時代にあった住宅会社の営業方法を見出すために乗り出した、新たな集客のためのグリーン雑貨事業。それは、従来の提案型営業から更に飛躍し、センスの良さを空間で演出するグリーン雑貨事業。懐かしさを感じるのにどこか新しさが漂う雰囲気に、来店客は胸ときめかせる。事業の目的が社員全体に行き届き、店内の「ゆとりと心地よい空気感」が、来店客を新たなライフスタイルへと誘う。 グリーン雑貨店オープンからわずか4ヶ月でリフォーム受注に繋がった住宅会社の「感覚発信基地」と位置づけられたグリーン雑貨店とは。 今回は新たな集客方...[本文を読む]

新着記事

2015年9月2日

ビレッジ戦略:「感覚の発信基地」で、...

時代にあった住宅会社の営業方法を見出すために乗り出した、新たな集客のためのグリーン雑貨事業。それは、従来の提案型営業から更に飛躍し、センスの良さを空間で演出するグリーン雑貨事業。懐かしさを感じるのにどこか新しさが漂う雰囲気に、来店客は胸ときめかせる。事業の目的が社員全体に行き届き、店内の「ゆとりと心地よい空気感」が、来店客を新たなライフスタイルへと誘う。 ...

2015年9月2日

ビレッジ戦略:「感覚の発信基地」で、...

時代にあった住宅会社の営業方法を見出すために乗り出した、新たな集客のためのグリーン雑貨事業。それは、従来の提案型営業から更に飛躍し、センスの良さを空間で演出するグリーン雑貨事業。懐かしさを感じるのにどこか新しさが漂う雰囲気に、来店客は胸ときめかせる。事業の目的が社員全体に行き届き、店内の「ゆとりと心地よい空気感」が、来店客を新たなライフスタイルへと誘う。 ...

2015年9月1日

自社の強みを最大限に活かした新感覚住...

様々なタイプの住宅、不動産リフォーム、外構やグリーン雑貨店など「長崎材木店が提案する暮らし」を体感できる住宅展示場。これはビレッジ戦略を巧みに組み込んだ複合集客装置であった。 着手から2年。自ら思い描いていたビレッジの形が出来上がり、一つの完成型ととして大きな手応えを感じていると長崎社長は語る。 そこはお客様との接点の場として細やかな仕掛けをちりばめ...

2015年9月1日

自社の強みを最大限に活かした新感覚住...

様々なタイプの住宅、不動産リフォーム、外構やグリーン雑貨店など「長崎材木店が提案する暮らし」を体感できる住宅展示場。これはビレッジ戦略を巧みに組み込んだ複合集客装置であった。 着手から2年。自ら思い描いていたビレッジの形が出来上がり、一つの完成型ととして大きな手応えを感じていると長崎社長は語る。 そこはお客様との接点の場として細やかな仕掛けをちりばめ...

2012年7月9日

地域風土に合った提案で、存在意義のあ...

次世代を担う、経営者の挑戦!<2> 有限会社島津組は島津専務(※2015年11月現在 社長就任)の祖父が左官業から始め、昭和40年創業、昭和62年に法人設立、現在では個人・店舗の新築からリフォーム、エクステリア事業などを幅広く手掛ける総合建設業へと成長した。20年ほど前から一般顧客向けの新築・リフォームを手掛けるようになった同社であるが、徹底的なアフターフ...

人気の投稿